太陽光発電のメリットとデメリットについて

新築で家を建てる人であれば、選択肢の一つに太陽光発電を設置するかどうか、という事があります。もちろん新築でなくても、既に居住している家の屋根に太陽光発電を設置することも可能なので、多くの人が興味を持っているのが太陽光発電と言えます。

しかし設置する前によく考えなければならない事として、太陽光発電にもメリットとデメリットがあるという事です。太陽光発電は自宅の屋根などにソーラーパネルを設置することを基本としていますが、いろんな面でメリットもデメリットもあります。

まずメリットですが、太陽光発電は太陽光を使用しているので自然に優しく、さらにクリーンなエネルギーです。今後私たちの世代だけでなく、子どもたちや孫の事を考えると、少しでも地球にやさしいクリーンなエネルギーを使用するというのは長期的に見てもいいことです。

他のメリットとしては、自宅で発電できるので停電など予測不可能な自体でも対応できるという点です。電力会社から電気を購入して使用していれば、どうしても停電などの際には不便なことが多くあります。しかし自宅で発電できる太陽光発電があれば、いざという時でも自分たちで使用する電力を賄う事ができるという安心感もあります。

他にもメリットとしては、自宅の太陽光発電で発電した電気を地域によっては売電することができます。売電価格に差はあったとしても、自宅で使用する電気代を賄うだけでなく、多少なりと収入源になるのは嬉しいものがあります。

一方のデメリットですが、それは太陽光発電で使用するソーラーパネルの管理やメンテナンスです。屋外に設置するものなので、どうしても破損や劣化、また定期的なメンテナンスが必要になります。そういったメンテナンスなども専門業者に依頼する必要があるので、時間も手間もかかります。

他のデメリットとしては、太陽光発電のためのソーラーパネルの設置に初期費用がかかると言う事です。初期投資として、100万円を超えることも珍しくありません。そのため、よく考えてから太陽光発電を設置する必要があります。