太陽光発電を使わない土地に設置しました

私の父は土地を所有していて、その土地は使っていませんでした。使っていない土地をそのままにしておいても、お金だけがかかってしまいますし、何か使い道はないかと私は父に相談されました。土地を使わないんだったら太陽光発電を取り付ければいいのではないかと父に提案しました。

私自身の家にも太陽光発電を屋根に取り付けています。天気が良い日はかなり発電して売電出来ますし、太陽の光を利用しているのでエコですし、売電出来てそれが収入になるので助かっています。思ったよりも売電出来るので私は驚いていました。

父にそのことを言ってみると、太陽光発電を取り付けることによってローンも発生するし、ちゃんと売電出来るのか不安だと言っていました。でも太陽光発電の営業の方を父に紹介して説明をしてもらうと、父も納得できて心配がなくなったようなので付けることになりました。

使わない土地に太陽光発電を取り付けてからは、ちゃんと発電して売電されているようです。その土地は日当たりをさえぎるものが一切ないので、日当たりはかなり良い場所です。父はたくさん売電出来るように、天気のことも気にして晴れを祈っています。

私はその営業の方に太陽光の詳しい話も聞きました。これから太陽光で売電出来るお金がどうなるかはわからないと言っていて、そんなときには蓄電システムがいいとのことでした。太陽光で作られた電気をその蓄電システムに溜めておいて、電気を使う時にはその蓄電システムから電気を使っていくということでした。

確かに蓄電システムというものはいいなぁと感じました。もし災害があったときにもそこに電気が溜められると便利です。家に電気を溜められる時代になったんだなぁと思って、私は説明を聞いて感動しました。

太陽光発電は普及していて取り付けている家庭も多いですが、太陽光発電と蓄電システムを一緒に取り付けて設置するというやり方もこれから増えてくるのかなぁと感じました。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です