改めて注目すべき太陽光発電

昨今太陽光発電という言葉を耳にする機会が多いのではないかと思います。しかし太陽光発電という単語やなんとなく概要は知っていても、その仕組みやメリットといった部分はあまり知らないという方もいらっしゃるのかもしれません。
太陽光発電とは、その名の通り太陽の光を用いて発電するシステムです。

太陽電池という電池に太陽光が当たることにより、その光を直接エネルギーに変換することが可能となっています。

太陽電池の多くはシリコンなどの半導体が用いられており、p型とn型というふたつの半導体が電極に挟まれるようにして設置されています。

これらに太陽光が当たると電子と正孔というものが発生し、電子はn型、正孔はp型半導体にそれぞれ引き寄せられていきます。その作用によって電気が作り出されるというのが一般的な太陽電池のしくみです。

太陽光発電というものは火力発電のような他の発電方法と違って二酸化炭素などが発生することがありません。また、光が当たることで発電されるという特性から排気ガスが出たり大きな音がしたりといったこともないため、生き物にも環境にも優しい発電方法だと言えるでしょう。

構造としては非常に単純とも言えることからメンテンナンスも簡単に行うことができます。規模によって大きさなども自由に選べるため家庭用の太陽光発電の需要も増しており、自宅に設置する方も増えています。屋根の上は勿論、昨今では壁に取り付けられるものなどもありますし、先に述べた通り大きな音がしないため、陽の光が当たるところならばどこにでも設置できるというメリットがあります。家庭に設置した場合には発電された電気を買い取ってもらえるシステムがあったり、蓄電できる装置なども開発されていることから災害などで停電してしまっても電気が使えるという状況を作り出すことも可能です。

石油や石炭といった化石燃料は有限な資材であり、いつか必ず枯渇してしまう日が来るものですが、太陽光は現状では無限とも言える資源です。その資源を有効活用することは今後さらに広がってゆくことでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です