太陽光発電はお得って本当・嘘どっち?

太陽光発電はお得って本当・嘘どっち?
今の時代、家を新築する計画をたてた時に、太陽光発電を設置するかどうか多くの人が迷うのではないのでしょうか。太陽光発電は、地球に優しいクリーンなエネルギーです。しかし、実際我々が自宅に太陽光発電システムを設置するかどうか考えるのは、光熱費の削減や余った電力を売電する事で得られる収入に魅力を感じるからというのが本音でしょう。

いくら太陽光発電が環境に優しいエネルギーだといっても、金銭面でのメリットがなければ、決して安くはない太陽光発電パネルを設置しようと考える人はいません。よく、太陽光発電システムは初期費用は高いが光熱費の削減と売電価格と相殺すると約10年でもとが取れ、それから先は収益がプラスになると言われています。

これは、本当の話しでしょうか?太陽光発電を設置させたいが為の売り文句じゃないの?なんて疑ってしまいますよね。何故なら、売電価格は残念ながら年々下がっていますし、設置した太陽光発電パネルだってメンテナンス費用が掛かるからです。確か売電価格が下がっているのも、メンテナンス費用が掛かるのも紛れもない事実です。

しかし、大丈夫。太陽光発電は基本的に元は必ず取れるでしょう。ただし、それが10年になるのか、15年になるのかそれとも20年後になるかは変わってきます。出来るだけ早く元を取りたい場合はどうすれば良いのか?それは、もちろん太陽光発電を安くは導入するという事です。

もともと高額な太陽光発電は、業者によってその価格差は数十万円にもなります。つまり相場を把握してどれだけ初期費用を抑えられるかがひとつのポイントなのです。また売電価格が安くなっていると言っても価格が0円になるという事は考えられませんから、売れば売るほど早く元を取れることになります。

そのためには、昼間の電気を節電して売却に回せる量を増やすという事もポイントです。こうしたポイントさえ押さえておけば、きっと太陽光発電をつけなければ良かったと後悔する事はないでしょう。

しかし、どうしてもうまくいかなくなった場合は太陽光発電を売却するというのも手です。